せどりサーチがver1.1になって使いやすくなってました

せどりサーチがver1.1になって使いやすくなってました

先日紹介したiPhone用のせどりアプリ、
せどりサーチがバージョンアップしました。(してました)。

以前紹介したせどりサーチの記事にも、ちらほらとコメントが付いているので、
結構使っている人も増えてきてそうな予感です。

近所のライバルがみんなビーマーになってしまったら、さてどうしよう・・・・、

とか思いつつ、今回の変更点について紹介してみます。

せどりサーチ Ver1.1 検索画面

テンキー入力モードと、テキスト入力モードが追加に。

以前はテキスト入力モードだけだったので、
バーコードのついていない商品のISBNコードを入力しようとすると、
キーボードの数字が小さくて、正確に押すのが難しかったんですよね。

せどりサーチVer1.1 テンキー入力モード

それが、テンキー(10キー)キーボードが表示されるように!

些細なところですが、めっちゃ使いやすくなりました。

せどりサーチVer1.1 キーワード検索入力

テキスト入力モードについては、以前と同じで、
タイトル検索とか行う場合にのみ、タブで切り替えて使用する感じです。

ビーマー(バーコードリーダの使い手)では無くても、
携帯電話の代替機としても充分使えそうですね。

以前書いた紹介記事はこちら。
せどり用バーコード対応ツール(全頭検査ツール)のレビュー

タグ

トラックバック&コメント

トラックバック

コメント

  1. みらのこ より:

    検索引き続き快調でしょうか?
    Bluetooth接続中にでも、数字を手入力出来るんすね?
    トリリング?はkdc200側で、必要な作業なんですか?
    そこがわからないですf^_^;)。アプリ4000円に値上げされちゃいました。・°°(>_<)・°°・。

  2. > みらのこさん

    こんばんは。コメントありがとうございます^^

    せどりサーチは現段階では問題無く活躍してくれてますよ。

    KDC200をお使いの場合は、KDC200本体の横についているボタンのうち、
    下向きのボタンを押せば、ソフトウェアキーが表示されます。
    (デフォルト設定の場合。)

    ボタンの設定自体は、KDC200のメニューで変更できるので、
    色々とお試しされると良いと思います。
    他のバーコードリーダでも、トグリング(正しい名称忘れました)機能が
    ついていると思うので、マニュアルを読んでみるのをオススメします。

    そういえば、Ver1.1あたりからか、
    プレ公開とやらは終わって値段が上がったみたいですね。
    でもまだ、「期間限定で買い切り4,000円」ってところが気になりますw

    個人的には、商売で使うものなので、
    導入することによって、儲けが増える見込みがあるのであれば、
    試しに投資してみても良いんじゃないかなと思います。

    この手のツールは、自分仕様で製作をお願いすると、普通に100万円単位、
    (しょぼくても数十万円単位)はしますからね。

    どう感じるかは人それぞれなのでしょうけど。

    追伸。
    ほとんどコメントが付かないブログなんですが、
    せどりサーチ関連だけは、結構コメント頂けるようで、
    わりと皆さん関心があるのかな~?とか思ってます。