2011年7月のアーカイブ

7月3週目のせどり結果

先週の生産結果と売上げ実績(7/11~7/17)

出品数:60点
出品価格:115,064円(平均1,917円)
売上げ(入金):53,400円(平均1,089円)

先々週から始めている自宅在庫の整理作業をメインで実施。
その日仕入れてきたものの出品作業と一緒に、少しずつ整理を進めてます。

仕入れはだいぶ不調。
販売単価の高い物があまり見つけられず、どうしても安い物が中心に。

ブックオフの入荷がいつもより少なかった印象なので、それは仕方が無いのですが、
もっと行動範囲を広げるか、ネット仕入れで補うかして、
安定して良い仕入れが出来るようにすること。
これが今後の課題。

売上げの方は、もう何も言えないぐらい悲しい結果に。
月半ばという理由も少しありますが、
安定して売上げを上げ続けるだけの在庫の質が無い、
というのが一番の原因か。

仕入れの質と量について、改善していかなければというところに終局。

そういえば、先々週の結果を残すのを忘れていたので、ついでに記載。

一体何のために、時間をかけて一週間を振返っているのやら。
真剣さが足りなかったと反省するも、寝て起きたら忘れているから大変困る。

先々週の生産結果と売上げ実績(7/4~7/10)

出品数:89点
出品価格:235,152円(平均2,642円)
売上げ(入金):114,916円(平均1,596円)

商売というのは難しいもので、売上はこのあたりでいいや、
と思った時から売上は必ず落ちていきます

引用元:たそがれ親父のせどりノート 焦燥感と余裕

こっそりと拝見させて頂いている、たそがれ親父さんの日記にあった言葉。
全くもってその通りで、とりあえずの生活ができるお金を手にすると、
すぐに気が緩んでしまいます。

残りの借金1,000万は返して、とりあえずの生活ができればいいのか。
豪華で無くとも自分の力で一軒家を建てて、安穏とした生活が送れればいいのか。
事務所を持って、商売仲間を増やして、ちょっとした成功を収めてみたいのか。

将来自分がどうなりたいのか。
まずはそのビジョンを明確に打ち出さなければ何も始まりません。

話はそれからだ。

そんな声が聞こえてくる一週間でした。

生来ニートは、将来もニートか。

そろそろ選択をすることから始めてみようか。

タグ

2011年7月18日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:せどり日記

自宅在庫の整理中に思う、せどりの目利きの深さ

仕入れてきた新規の出品物と一緒に、
自己発送分の自宅在庫の整理も少しずつ進めてます。

自宅在庫の方は、約半分ぐらいが既に安くなってしまっていたり、
これは一体誰が買うんだ・・・?というものばかり。

せどりを始めた頃に仕入れた物で、
半年ぐらいかけて売れ残っていた物がメインなので、
まぁ、こんなものなのかもしれませんが。

当時仕入れていた在庫を見ていると、

値段が付いている物であれば、需要やターゲットを考えずに、とりあえず仕入れていた

というのが、よく分かります(笑)

昔仕入れてきた在庫を見て、そう思うってことは、
少なくとも以前よりは目利き力が向上しているんだなと思いますが、
せどりの眼で教わったことは、まだまだ充分に吸収出来ていないと、
常に思うのは、せどりがシンプルなだけにいくらでも深く掘り下げることができるからか。

だいぶ宣伝になりますが、需要やターゲットについての目利きの話は、
せどりの眼 in 東京セミナーでかなり詳しく解説されてます。
というか、それがテーマ。

当日は自分もセミナーに参加していたので、かなり懐かしい。
懐かしいだけではなくて、教えてもらったことを身に付けろって話しなのですが。

せどりの眼の内容をベースに、更に深く掘り下げた内容になっているので、
もう一歩深く勉強したい方に、おすすめしてみます。

自宅在庫の残りは、500~600点ぐらい。

保管状況が悪いのか、経年ヤケが出てきている物があるので、
状態の再確認をしつつ、登録を一度取り消して、
再度新規出品してから、FBAに送ってます。

今週末に、あと100点ほど整理予定。

話しのついでに、書籍のヤケについて。

本がヤケる理由って、日光や蛍光灯等の光(紫外線?)が主な原因みたいですね。
紫外線を通さないカーテンのような物で仕切ると、ヤケ対策になるかもです。

他にも空気に触れることによる酸化が原因というのもあるようですが、
これは部屋から酸素を追い出すか、空気を抜くかしなくちゃ対策できなさそうな。

ずっと部屋の湿気とか、温度差が原因かと思ってました。

昨日の仕入れ:15点(1,575円)
昨日の出品:0点
昨日の売上:6点(3,915円)

今日の仕入れ:6点(1,470円)
今日の出品:15点(36,130円)
今日の売上:6点(5,850円)

今月初旬までの売上げが嘘のような数字に。
毎月半ばはこんなものなのですがそれでも少し焦ってしまうのは、
ここ数日あまり生産していないからか。

タグ

2011年7月15日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:せどり日記

せどりの回転本の見つけ方

回転本は探すものではない!

以上。

こいつは一体何を言っているんだ?
って怒られそうなので、ちょっと自分の考えを述べてみますが、

回転本ばかり仕入れて売っても、大した利益にならないんですよ。

1,000円前後で即売れそうな回転本を105円で見つけても、粗利で750円ぐらいですよね。
アマゾンの手数料15%が発生するので。

そこから、売れるまでにかかる人件費やら経費やらを考えると、
純粋な利益は、さほど大したこと無いと思います。

薄利でも一日に10店舗ぐらい回って、毎日100冊ぐらい回転本を仕入れられる方は、
それでも充分に利益を上げることができるので、これはまた別の話ですが、

ほとんどの方は、そんなに探せないでしょうし、
毎日100冊とか、忙しい割には儲からないってやつですね。

回転本は探すものでは無くて、高額販売できる本を探している中で、
自然に見つかるものだと思ってます。

普段仕入れに行くと、高く売れそうな物は無いかな?と探しますよね。

で、このタイトルなら結構高値で販売出来るんじゃないかな?
と思って携帯サーチしてみたら、たまたま回転本だった。

そういう風にして回転本を見つけています。

一度仕入れて販売すれば、次に同じ物を見つけた時に、
あぁこれ回転本だったな、という感じで記憶に残りますよね。

毎日仕入れに通っていれば、少しずつ知っている回転本の数が、
知識として自然と増えていきます。

もちろん、常識として知っておかなければならないような、
定番の回転本もあるのですが。

たとえば、

7つの習慣・成功には原則があった!

中古価格
¥1,040から
(2011/6/14 01:02時点)

定番中の定番で、7つの習慣。
新版やCD付きの物が出ているので、
こちらはほとんどが105円で見つかると思います。
さすがに供給過多気味になっていますが。

人を動かす 新装版

中古価格
¥984から
(2011/6/14 01:10時点)

定価がたいして高く無いので薄利ですが、
こちらもすぐに売れる定番。

DUO 3.0

中古価格
¥898から
(2011/6/14 01:14時点)

参考書関連も回転本が結構あるジャンル。
少し古い本なので105円で結構手に入り、飛ぶように売れます。
でも辞書っぽい感じの構成で、検品が大変。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

中古価格
¥1,007から
(2011/6/14 01:21時点)

今はブックオフの売値も高いですが、
2〜3年もすれば、105円で手に入る定番の回転本になりそう。
ただ市場流通もかなり多いので、その頃には定番の1円本になっている可能性も。

定番の回転本なんて、自分が経験から得た知識として
知っているだけでも山ほどあるのですが、

回転本ばかりリスト化してブックオフに行っても、
あまり稼げるとは思いませんので、自分はオススメしません(笑)

回転本は、その日に使った仕入れ費用を回収するための、
リスクヘッジとして毎日数冊仕入れる程度で充分かと思います。

自分も教えてもらった立場なので、このブログではあまり詳しくは書けませんが、

このあたりの話しも、せどりの眼という教材で解説されていますので、
仕入れが上手くいかずに悩んでいる方に、おすすめです。

タグ

2011年7月14日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:せどり日記 回転本と利益本

PDF化した領収書を作る方法

Amazonのマーケットプレイスで商品を販売していると、
お客さんから領収書発行依頼のメールが届きますよね。

商品発送前ならいいのですが、商品発送後に領収書を請求されると、
再送するための送料と、手間がかかってしまいます。

うちは、FBA(フルフィルメント by Amazon)をメインで利用していることもあり、
商品に同封することができず、領収書発送のための費用や手間が少し悩みでした。

そこで、領収書発行にかかる経費と、郵便局に持っていく手間(笑)を削減するために、
PDF化した領収書をメールに添付して発行することにしてみました。

以下に、PDF形式の領収書を作る方法をまとめてみましたので、
同じ悩みを持っている方は、参考にしてみてください。

Excelで作った領収書をPDF化する

領収書作成専用の無料ソフトも結構あり、試しにいくつか使ってみたのですが、
PDF出力後のレイアウト調整が出来なかったり、消費税の計算が勝手にされたりで、
自由度が無かったので、今回はExcelで作った領収書をPDF化する方法で紹介します。

手順は以下のとおり。

  1. PDF化するための無料ソフトをインストールする(Windows環境のみ)
  2. 領収書の雛形(テンプレート)を用意する

PDF化するための無料ソフトをインストールする

PDF化するための無料で使えるソフトウェアは、
ウェブで検索すると色々なタイプの物が出てくるのですが、
[ファイル] → [印刷] 機能から、プリンタとして選択できるものが簡単でオススメです。

自分は、PrimoPDFという海外のPDF化ソフトを使ってます。(Windows用)

Mac OS X を使っている方は、印刷からPDF化する機能が
標準で付いていたと思うので、そちらを使えばOK。

領収書の雛形(テンプレート)を用意する

領収書の無料テンプレートも、検索するとゴロゴロと出てくるのですが、
自分は下記のサイトから、テンプレートをダウンロードしました。

エクセルテンプレート無料ダウンロードサイト

上記のサイトにて配布している領収書は、控も含めて3枚同時に発行できるものなので、
他2枚分は消去して、お客さんへの送付用だけ残しておきます。

あとはお店の情報を入力した状態で、雛形として保存しておき、
必要に応じて、印刷する要領でPDF化すればOKです。

PDF化した領収書の一例 クリックで拡大

PDF化した領収書の一例 屋号の表示やレイアウトはお好みで。

色々なタイプの領収書があると思いますので、
ご自分の趣味も考慮して、自分だけの一枚を作り上げてみてください。

関連リンク

Amazonマケプレでの「出品者の領収書発行義務について」

タグ